メニューボタン
予約

黒木歯科からのお知らせ

インプラントのことって意外に知らない。



虫歯や歯肉炎などで歯を失った場合、近ごろではインプラントの治療を選択する人が増えています。

しかしインプラント治療がどのようなものなのか、みなさんご存知でしょうか。

今回はインプラント治療のメリットやデメリット、そして治療方法などをご紹介いたしますね。

■インプラント治療のメリットとは

インプラントとは、人工の材料や部品を体に入れる総称のことです。

歯科では、顎の骨に人工的な歯の根っこを埋めて、それを土台にセラミックなどで作った人工の歯冠を取り付ける方法をインプラント治療
と言います。

これまで抜けた歯を治療する場合、一般的に入れ歯(義歯)やブリッジの治療が行われてきました。

これらの治療が良くないというわけではありませんが、入れ歯のバネで両側の歯を痛めたり、健康な歯を削ったりするため、歯に負担が
掛かります。

一方、インプラントでは直接骨に固定するため、残っている健康な歯への負担はありません。

治療後は自分の歯と同じようにしっかりと噛んで食事ができ、また見た目も天然の歯と変わらないため快適に過ごす
ことが出来ます。

さらに、インプラント治療で使われる素材は、金属アレルギーを引き起こしにくいチタンを使用しているため、金属アレルギーを回避することが出来るのもメリットです。

■インプラント治療のデメリットとは

次にインプラント治療のデメリットを見てみましょう。

インプラント治療には健康保険が使えませんので、自費の診療となり治療費は高くなります。

治療期間は、顎骨や骨量、骨質など個人によって異なるため人により変わります。

また、インプラントの治療前に歯周病などが見つかった場合、先に歯周病などの治療が必要なため、トータルの治療期間が長引く可能性も
否定出来ません。

さらにインプラント治療後は、インプラントと粘膜の間に細菌などが簡単に侵入しやすくなるため、ご自身でしっかりとメンテナンスをし、
歯科医院での定期健診が重要になります。

■インプラント治療の流れを知ろう

実際にインプラント治療の流れを見てみましょう。

はじめにレントゲンと口腔内検査をして、インプラント治療をする部位や付随する手術が必要かなど歯科医師と治療計画を立てます。

この時、費用や治療期間なども確認しておきましょう。 次に歯科用のCT検査などで精密に検査をしていきます。

立体的な画像でインプラント手術のシミュレーションをすることにより、今後の具体的な治療内容が決まります。

治療に関して不安に感じることがあればこの時点で解消しておきましょう。

インプラントの手術は、麻酔を使い、痛みを和らげます。 通常1本あたり30分程度ですが、骨移植手術などが必要な場合は
さらに手術時間が掛かります。

インプラントと骨がしっかりと結合するまでは安静期間となります。
(下顎で3カ月以上、上顎で6ヶ月以上掛かると言われています) その後、人工歯の型をとり、色や形を決めていきます。

かぶせ歯で仮付けをして見た目や装着具合に違和感がないか確認をし、人工歯が完成したらインプラントに接合して終了です。

インプラント治療が終わった後も、トラブルが起こらないように定期的なメンテンナンスをしましょう。

当院では、他の歯科医院にはない15年保証をご提供しておりますので、安心してご利用ください。

■まとめ



インプラント治療では、残っている健康な歯に負担をかけず、まるで自分の歯のような機能や外観を取り戻すことが出来るという
大きなメリットがあります。

その一方で、自費診療となるため高額であり、インプラント治療後も定期的にメンテナンスをしていかなければなりません。

インプラント治療のメリットやデメリットを知って、ご自身の症状に合わせて治療方法を選んでみましょう。

診療時間のご案内

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~19:00 × 〜18:00 ×