メニューボタン
予約

黒木歯科からのお知らせ

朝の歯磨きはなぜ大事なのか。

1日の中で朝と夜の2回、歯磨きをされる方が多いことでしょう。

夜は1日の汚れをとるのにベストなタイミング。

では、朝の歯磨きはなぜ大事なのでしょうか。

今回は、歯磨きの必要性について確認していきましょう。

■朝の歯磨きは必要



朝の歯磨きは、起きた直後に歯を磨く人もいれば、朝食後に磨く人もおり、そのタイミングは人によってそれぞれ異なります。

そのためどちらのタイミングが正しいかについては、専門家でも意見が分かれてしまうところですが、朝の歯磨きはとても大切です。

というのも、夜眠っている間は唾液が減って口内が乾燥しているため、口の中の雑菌が一気に繁殖をしています。

朝起きた時に「口の中がねばねばしている」「臭いが気になる」と感じるのはそのせい。

つまり朝起きた時が一番口内の環境が悪くなっているのです。

朝起きてそのままご飯を食べると、口内で増えた細菌をすべて飲み込んでしまうため、実は身体にとってはよくありません。

朝起きたらすぐに口をゆすいだり、歯を磨いたりして口の中にたまった細菌を洗い流してあげましょう。

朝食前に歯を磨いた後は、食後磨く時間がなければ口をゆすぐくらいでも大丈夫です。

■夜の歯磨きは大事

では、夜の歯磨きはなぜ必要なのでしょうか。

もちろん夜の歯磨きは、その日1日の歯の汚れを落とすためにとても大切ですが、さきほど朝の歯磨きのところでもご説明したとおり、
寝ている間は洗浄作用のある唾液が減ってしまうため、口の中に細菌が残っていると、食べかすが細菌のエサとなり、口の中で
細菌が繁殖します。

夜寝ている時がもっとも虫歯や歯周病が進行しやすくなるため、夜の歯磨きは時間をかけてしっかりと歯垢(プラーク)を落として
あげなければなりません。

どんなに優れた歯ブラシでも、実際に汚れを落とせるのは50%ほどだと言われています。

歯ブラシが届かない奥歯や歯と歯の間には、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってしっかりと汚れを落としてあげましょう。

■歯磨きの目的は?



朝も夜も歯磨きがとても大切だということがわかりました。

そもそも歯磨きには、虫歯や歯周病の原因となる口の中の細菌(バクテリア)を減らす目的があります。

歯の表面に付着している歯垢(プラーク)が原因で、虫歯や歯周病、口臭などトラブルを招くおそれがあるため、どんなに忙しくても
毎日のケアがとても大切ですよ。

なかには歯磨きの代わりに、ガムやマウスウオッシュ(洗口液)を使う方もいらっしゃるかもしれませんが、それらは口の中をすっきりと
させるとはいえ、歯磨きの代わりにはなりませんのでご注意ください。

また、逆に歯を「たくさん磨くことがよい」ともいえません。

それが原因で、長い時間歯を磨き過ぎると今度は歯のエナメル質が削れて知覚過敏を引き起こしてしまったり、歯茎を傷つけてしまったり
する場合があるからです。

歯を磨くというのは、口の中の食べカスや歯垢(プラーク)を取り除いてあげることが目的。

正しい歯磨きの方法やタイミングが知りたい方は、歯科衛生士さんに相談をしてみましょう。

■まとめ

朝の歯磨きは、夜寝ているうちにたまってしまった口内の雑菌を洗い流すために必要なもの。

朝起きたらすぐに歯磨き、もしくはうがいをして口内環境を整えてあげましょうね。

歯磨きは、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除いてあげるためにとても大切だとわかっていながらも、
忙しい毎日の中で歯を磨く時間がとれず、めんどうに感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、健康な歯を守るには毎日のセルフケアは欠かせません。

定期的に歯医者さんに通ってしっかりとメンテナンスをしてもらいながら大切な歯の健康を守っていきましょう。

診療時間のご案内

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~19:00 × 〜18:00 ×